Cafe研ブログ

早大カフェ研究会公式ブログ
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | ↑TOP
カフェレポ【*ease@原宿】
学校の図書室で読んだ雑誌(oz)に掲載されてたお店。
気になってたので行ってまいりましたジョギング

場所は原宿、明治通りにある京セラビルB1F。
地下はわかりにくいので、地上にある看板↓


地下につづく階段をおりるとそこは閑散としたレストラン街。
右手にあるのはカレー屋さん。
「こっちの方が気になるなぁ」と内心思いつつ、左手にある目的のお店へ!



さびれた(?)レストラン街とは異空間。
店内は薄暗く、落ち着いた雰囲気。

フードのほかにも、ドリンクからスイーツまでメニューが豊富!
全部手作りで調味料はほぼ塩・胡椒しか使用しないそう拍手
このお店のおすすめは天然酵母使用の『ハンバーガー』(¥900)。
迷わずこれと、大好きなパッションフルーツジュースを注文!



おっきい…マッ○のビックマッ○なんかよりよっぽど大きい。

店員さん「パンを軽く押して、ホクロに入れてください」
わたし 「え!?ホクロ!?!?
あほです、フクロの聞き間違いでした。

パンはふっくら、ハンバーグは肉汁がじゅ〜w
味はとってもおいしかったです!!
今度はスイーツも食べたいな。

看板犬のおもち(ボストンテリア)w
店内うろうろしてて、ハンバーガー食べてるお客さんを
物欲しげな目で見てたのがかわいいラブ



気になった人はぜひ足をはこんでみてください☆
【*ease】http://www.ease-ldfs.com/

| カフェレポート | 00:05 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
カフェレポ【Cafe GOTO@早稲田】
カフェ研メンバーの半数以上が通う早稲田大学のある早稲田。
地名よりも、大学で有名ですね。
早大生というと、「ドンちゃん騒ぎ」のイメージがありますが
みんな基本的に騒ぐときは馬場へ行くため
意外にも早稲田界隈には落ち着いたカフェが多数あります。

今日はそんな早稲田カフェの一つ、『Cafe GOTO』を紹介。

場所は、早稲田駅の馬場・中野方面ホームから大学側の出口をでてすぐ。
大学方向に向かうと、すぐ左手にSUBWAYがあり、その2階になります。

店内にはまったりとした音楽が流れ、客層は学生からご老人まで幅広い。
最近の傾向としてモード的なカフェが多い中
この店はレトロの雰囲気を保っています。
ちなみに、店内全席喫煙可ですが、煙たい感じはなく
過ごしやすい空気が流れていました。

店内の様子を写したものですが、
閉店近くに撮ったものなので、お客さんはほとんどいません。笑

店内の様子

今回僕が頼んだのは、セイロン風ミルクティーと
(カフェ研メンバーの)さかぴぃがアイスティー。
このセイロン風ミルクティー、味が濃くて中々のものでした。



そして、GOTO自慢の手作りケーキ。
今回はチーズケーキでしたが、これはでらうまかった!!
チーズの旨みが凝縮されていて
○ージーなんかのものとは比べ物にならないですよ。



早大生の人たちには、空き時間や授業後に
友達と少数でフラっと訪れてだべるなんてのがお勧めです♪
| カフェレポート | 01:47 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
3・4coffee@渋谷宇田川町
渋谷宇田川町サイゼの近くにある『3・4coffee』に行って参りましたチョキ



左斜め上こんな感じの表札ひらめき
光ってて写真がなかなかうまく撮れない笑



左斜め上んでもってこれ玄関ドア
緑溢れるアジアンテイスト〜。渋谷にこんなカフェがあったとは!
中にで金魚やアネモネフィッシュ(ニモ)などの熱帯魚もお出迎えピピピ

んでメニューもいろいろあって選ぶの楽しいんだけど、驚くのはなんといってもその器!!さすがアジアン、器もアジアンです揺れるハート
え〜気になるぅっていうそこのあなた☆ぜひ足を運んでくださいましぃ植物


| カフェレポート | 01:55 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
カへレポ【人間関係@渋谷】
スペイン坂の途中にある人間関係。人間関係って名前がもう気になって仕方なかったのですが、ついに潜入してきました。


どーん。

まず店内に入ると目に付くのが、大量のスコーン

どどーん。

チョコやオレンジといった定番から抹茶や小豆などの変り種までその種類の豊富さに驚き。しかも一個100円!!!安い!

今回はお昼だったので、ランチでパニーニを食べました。

どどどーん。
なんかもう、気分はイタリアンです。


このお店は「いつきても楽しめるお店」というのを目指していて、朝ならコーヒー、お昼時にはランチ、夜はワインやビールとメニューも幅広く、しかもとってもリーズナブルなのです。学生にも優しい!!

買い物に疲れたら、人間関係で人間観察なんてのもいいかもしんまい。
| カフェレポート | 12:58 | comments(2) | trackbacks(0) | ↑TOP
カフェレポ【茜カフェ】の巻。
下のカフェ企画の前にさとると行きました。
まぁ、カフェ企画中も行ったので結局1日で2回行きました。

場所は東武浅草駅の前にあります。
カフェと書いてありますがお団子屋さんみたいな雰囲気。
和風カフェとでもいうのかな?



2階にも席があり大人数でもまったり出来ました。



メニューは飲み物よりも甘味などの食べ物が中心でした。
値段は500円から600円くらいでお茶も付きます。
甘味以外に塩むすびや味噌田楽などもありました。




浅草散策の際には立ち寄ってみてはいかがでしょうか?
以上です。

| カフェレポート | 22:03 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
カフェレポ【アンヂェラス@浅草】の巻。
おしゃれなカフェもいいけど、老舗の落ち着いた雰囲気も素晴らしいものです。
というわけで、今回は山下清、手塚治虫などの著名人も通っていたという、浅草のアンヂェラスに行って参りました☆カフェ、というか喫茶店ですが。

この書体がたまらないっす。

私たちは三階に通されたのですが、地震が起きたら今にも崩れそうな店内…。ここの歴史が伺えます。。
何よりも、店員のおじいちゃんがすごい。日本語が通じない!!私らが団体だったためか、少々機嫌が悪そうでした。ごめんね、じいちゃん。


ここで有名なのはダッチ・コーヒー


で、このダッチ・コーヒーって何かっつうと、
【ダッチコーヒー】
普通のコーヒーは熱湯で抽出するが、ダッチコーヒーは、コーヒーの粉に一滴づつ水を落として染み込ませ、時間をかけて抽出する。「ダッチ」はオランダ人を指す言葉で、旧オランダ領の東インド(現インドネシア)でオランダ人が考案したと伝えられていることから、ダッチコーヒーと呼ばれている。

だそうです。あと、ダッチ・コーヒーは甘さを味わえる唯一のコーヒーで「究極のコーヒー」とも呼ばれてるんだって。


もうひとつ有名なアンヂェラスケーキ

甘いものが苦手な私も食べれるくらい、おいしかった。しかも280円!!安い!!他にもたくさんおいしそうなケーキあったから、そのうちコンプリートしたい。。


おいしいケーキとコーヒーを味わったあとは、しっかり雷門で記念撮影をして帰りましたとさ。チャンチャン♪







| カフェレポート | 14:21 | comments(2) | trackbacks(0) | ↑TOP
カヘレポ『CaFe La MILLE』の巻
箱根という普段全く行かないところですがせっかくなのでレポします!
特別編!

箱根の山をずっと登ると芦ノ湖に到着します。
元箱根という町なんですが、国道1号線(東海道)を抜けて
元箱根の入り口を左折し少しまっすぐ行くと
芦ノ湖美術館という美術館があります。
そこの地下にあるのが
カフェ『CaFe La MILLE』



お土産物屋さんと併設されてるんですが
テラスがありそこは静かです!



もちろんテラスからは芦ノ湖と富士山が見えます!



メニューは少ないですが紅茶はいろんな種類がありました。
コーヒーは5種類ほど。。。
ここはケーキと紅茶がメインな感じでした!
また、ランチにカレーとサンドがあります。
値段は1000円ちょっと。



湖と富士山を眺めながらのコーヒーはまた格別でした!
今日みたいに天気がいいとさらに最高です!
箱根に行った際は是非お立ち寄りください。
以上です。
| カフェレポート | 22:58 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
カヘレポ『misty』の巻
裏馬場を皆さんご存知でしょうか?
早稲田通りをわき道に抜けるたとこを言います。

裏馬場。そこはまた違った世界が広がっています。
意味深な店や名前の変な本屋、家具屋、居酒屋、カレー屋さんなどなど様々なお店が連なっております。

そんな一角にあるのが喫茶店「misty」

周りを変なカフェに囲まれて(?)いますが、ここは正統派?の喫茶店です。

場所は早稲田通り沿いのパチンコ屋のわき道に入ってすぐ右側です。
もちろんパチンコの騒音はありませんので安心を!
お店の前にはかわいらしいイタリアのバイクが置いてあります。

さて、お店の中ですがこれがまた面白い!
店長の趣味なのかフィギュアや映画関係のグッズがたくさんありました。





また音楽はビートルズなんかが流れていてなんとなく懐かしい雰囲気を醸し出しています。

さて、メニューですがコーヒーの種類はあまりありませんでしたが、喫茶店なのにお酒が置いてありしかも種類も珍らしいものがちらほら。夜はバーになるのかも。。。料理もいくらかありました。値段はコーヒーも一杯飲んで1000円くらいなのでランチにもいいかもしれません。



客層も学生がほとんどで常連なんかも多いみたいでした。

大通りから外れているので静かだし、フィギュアのほかに本なんかも置いてあったので来る度にいろんな発見が出来ると思いますよ!

以上で報告終わります。

| カフェレポート | 16:52 | comments(2) | trackbacks(0) | ↑TOP
カヘレポ『And'on Cafe』の巻
日本のインドこと、高円寺は純情商店街にある『And'on Cafe』に行ってきました。

高円寺近辺はボーっと歩いているだけで、様々なカフェにめぐり合います。今回はそんな数ある高円寺カフェの中でも、ベトナム色の強いこのカフェに行きました。



雑居ビルの2階にあり、外からの見た目はカフェがあるようには見えません。

17時までランチタイムですが、オレが訪れたのは15時頃だったので店内には、テーブル席でおしゃべりしている女性二人組みしかいませんでした。




店内はカウンターと、いくつかの二人用テーブル席、窓に向かっておかれているソファー、そしてオレが座った4人座れるソファーテーブルで構成されています。
一人でフラッと訪れたときには、写真のようなソファーに座って、雑誌で読みながら落ち着いて過ごすのもよさげですね♪

ランチセットで「角煮丼セット」を注文。サラダには生春巻き、ドリンクはベトナムコーヒーのブラック。もう一人の連れは「ナシゴレンセット」を頼んでいました。




さてはて、角煮丼の味はというと・・・うん、これはうまい!と言えますな。口に入れたときの、脂の溶け具合が堪らない。角煮だけでは少ししつこいので、下のご飯も一緒に食べれば、しつこさも調和されてマイルドな味になりました。運ばれてきたときには、「量少ないな・・・」と思いましたが、脂が腹にたまるので食べた後には満腹感が♪
ナシゴレンも少し分けてもらって食べましたが、「ウマーッ」でしたよ。ニンニクの香りと共に、東南アジア風味の甘辛い味付けで炒められてました。

そして食後のベトナムコーヒー。



独特のドリッパーと共に出てきました。
味はというと、なんというか・・・「紅茶がコーヒーになった」という表現が個人的にしっくりきます。決して濃い味じゃないのに、苦味ははっきりと出ていて、毎日口にしているコーヒーとは明らかに違うものでした。

ちなみに、コーヒーはこれと、これにコンデンスミルクが入ったものしかなかったんですが、他にもベトナムの飲み物「シントー」等バリエーション豊富なドリンクが揃えられていましたよ。シントーうまそうだったな・・・

そんなわけで、食後もまったりと煙草を吸いつつ会話をポチポチとしながら過ごしました。全席喫煙可で、長居しやすい雰囲気なので高円寺を訪れた際には、休憩のポイントに入れてみてはいかがでしょうか??

報告終わりまーす。
| カフェレポート | 00:35 | comments(1) | trackbacks(0) | ↑TOP
カへレポ【CAFFE@IDEE】の巻
南青山にある【CAFFE@IDEE】に行ってきました。骨董通りを根津美術館の方に折れるとあるideeのショップの上にあります。BLUE NOTE東京の目の前。


ちょうどランチタイムだったので、店内も騒がしい様子。
すべてテーブル席で一人ですごすよりは、友達と楽しくおしゃべりしてる方が合うかなあ。インテリアもさすがイデーって感じでとても洗練されています。きっとファッション業界の人が多いんだろうと思わせるのはさすが南青山。




ランチは、前菜+メイン+ドリンクで1260円とちょっと高め。サラダやらデザートもつけることが出来ます。

魚介類とほうれん草のリゾット。激ウマでした。


暖かい日にくつろぐにはテラス席がいい感じ。店内よりも落ち着いた雰囲気。ひなたぼっこをしながら旅行の計画とか立てたい。

表参道から歩いても大した距離じゃないので、ヒルズついでにお散歩してこんなカフェで休憩するのもいいんじゃないかと。一階にある家具屋さんも必見。
| カフェレポート | 01:18 | comments(1) | trackbacks(0) | ↑TOP
オススメ♪
SPONSORED LINKS
PROFILE
LINKS
CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
新着コメント
新着トラックバック
MOBILE
qrcode